スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件です!(嘘)

あの息子の口から

「この、くそがーーーーーーー!」

・・出ました!



「クソババァ」じゃなかったのが、
さらに怒りを煽ったんだけど(笑)。


事の発端は、門限を守らなかった事。

・・と言っても、門限が守れそうになかったら電話をする事になってるのに、
その携帯も家の中に放置。

門限を過ぎて帰って来て、私の顔色を伺うも謝らない。←これが一番腹立つ。


で、結局私が怒るんだけど、
「〇〇だよね!?」
って口調で言うと
「はい。」←これも腹立つ。
と言い
「〇〇じゃないの!?」
って言うと
「そうです。」←これまた腹立つ。
と言う。


結局、叱っている私の言葉に同調するだけで
全然自分の気持ちを吐き出さないことに腹が立って
わざと息子が怒るような事を言ったり、やったりした挙句
出た言葉が

「この、くそがーーーーーーーーーー!」



色々端折りますが、
その言葉を吐いたときの息子の態度に違和感を覚えて
更に深くまで問い詰めると

「もう、色々嫌なんだよ!学校も、女子も、全部嫌だ!!!!」

と言う。

ちょっと待て。

私への暴言はどうなった!!!!
と、思いつつ、これが根っこなんだろうなーと思い
何のことを言っているのか聞いても

「入り込んでこんで!関係ないでしょ!」

と言いやがる。

「ふざけんな!ママ悪い事してないのに「この、くそが」って言われて
 その原因がそこにあるのに、関係ないわけないだろう!!!!
 別に、学校に相談したり、あんたの人間関係に関わるつもりもないから言えっ!!!」

ってな事になって。


前にもチラリと書いたような気もするけど
現在学級代表をやってる息子。

自分が思っていた以上に大変なその役の重圧に苦しんで
5月にも一時荒れました(笑)。

私自身、小学生時代は学級委員や生徒会に所属していた為
息子が抱えた悩みはよーーーーーーーく分かるつもり。

でも、大人になった今、
それがとても役立っていて
なんとなく、人より損をする場面も多いけど
大変な分、そこに喜びを感じることもできるわけで・・・。

5月の時点では
「みんなして、「学級代表のくせに」とか全然関係ないときにも言う」
って泣いて
「学級代表は、24時間学級代表だわ!!!」
なんて無茶な理由で息子を丸め込んだ私。

でも、実際
その人の人間性って、そう簡単にオン、オフできるわけじゃない。
個人としてダメな部分が、学級代表の時間だけ補えるわけじゃない。


正直、小学校の「学級代表」なんてそんな権限がないことも
雑用係の部分が多いことも知ってる。

でも、これはチャンスかなと。


普段の考え方、行動、そういうのが全部、
個人じゃなくて「学級代表」としてのあんただ!
上に立ったなら、言う事を聞いてもらう努力をしろ。
どういったら言う事を聞いてもらえるか考えろ!
学級代表になったから分かる苦労や悩みは
全部自分の財産になる。
でも、ここで悩むのやめたら何にもならないよ?
「上に立つってことが大変なことだ」って分かっただけでも
ちゃんと、成長してる。
全員が同じ考えを持つなんて不可能。
違う考えを持つ人をどう動かせるか、それを考えるのが仕事。


そんな話しをしながら、一時は納得して頑張ってたんだけど
今回は、所謂、「女子問題」(笑)。

これまた自分が女子だったから・・・わかる(笑)。


「男子と同じ悪い事を女子がやっても、
 男子(とくに息子)は女子からめっちゃ責められるのに
 同じ事してた女子は全然責められない。
 先生に相談しても「お前が大きくなれ」って言うだけだし!」


けーーーーー。
しょぼいなーーーーー。


「あのねー、小学6年の男子如きが、女子に敵うと思うなよ?
 女子は男子よりズルイし、「弱い」事を武器に強いんだよ。
 でも、ズルイけど、女子は女子で一生懸命なんだよ。
 男子がそれに対して文句を言う権利はない!!!!」


・・・わかってる。
むちゃくちゃだって。

でも、これって真実。

女子の子供を持つママ友もいつも悩んでる。
それが正しい事じゃないとしても
女子として生きる以上、その子がそれでしか身を守れないなら
そうするしかないような気も・・・する。

もう少し大きくなったら、
もっと自分に自信というか、「自分」が分かって
それはそれで、そこからが大変なんだ。女子って。

男の子は、っていうか、息子の周りの男の子達は
ケンカしてもちゃんと仲直り(?)できるし
合わない子とは距離を置いてそれなりの付き合いをしてる。

息子が相談する「先生」は
担任でもあり、部活の顧問でもあり、代表委員の先生でもあり
息子の性格をきっと良く知ってる・・・・。

「先生も別に、あんたに「我慢しろ」って言ってるわけじゃない。
 「大きくなれ」って言われただけでしょ?
 文句言いたきゃ言ってきなよ。
 それでケンカになったっていいじゃん。
 自分の思ってることは言いません、でも、分かって欲しいです。は通用しないよ?
 自分が正しいと思うなら、逃げないでちゃんと伝えろ。
 それで、ケンカになって自分にも間違ってた部分があるなら
 その時はちゃんと謝れ!
 謝れないならケンカなんかするな!」

「・・・わかった。」



「じゃーーーーー、ママに「くそがー」って言った事謝れよ!!!!」←重要。


「ごめん。イライラして言っちゃった・・・」



で、終息(笑)。



今回の私の言動は、問題あると自覚してる。


でも、正しい事ばかりが通る世の中じゃない。

「正しいってのは弱いって事だ 強いってのは 悪いって事だ」 

【ブラックジャックによろしく】の言葉の意味を
今、強く感じている私だ。

「正しい事を目指す」んじゃなくて
「正しい事を通す」為に、目の前にある「強い」ものを
一度飲み込む必要がある。

「正しい事」は常に正しいわけじゃないし、
形を変えたり、姿をくらましたりする。

今まで息子には「正しい事」を教えてきた。

そして、息子は「正しい事」をちゃんと分かってる、と思ってる。


だからこそ、今、このタイミングを逃すわけにはいかず。


重要なのは、その世界に適応できること。


正しい信念を見失わない程度に
悪い事の全てが間違っているわけじゃないってことを分からせるタイミング。

そして、息子が素直に、私の言葉に耳を傾けられる
残り少ない時間でのタイミング(笑)。


そんな我が家に一本の電話。


学校の先生から

「今日はちょっとお願いがあって・・・・」

なんて言うから、私なんか迷惑をかけているのかとバクバク・・。


夏休みにリーダーシップ研修会(?)が一泊二日であるので
息子をそこに送り入れたいとのこと。


あぁ、なんか、今、そういう時なんだろうなぁ。と。


私、タイムマシーンが発明されても
学生時代には戻りたくないわぁ~~~~。

なーんてしょっぱいんだっ!!!!

コメントの投稿

非公開コメント

★勉強チュさんへ★

言われてみれば(笑)!←対決
私、誰と対決するつもりだったんだろ(笑)!?

でも、お題を決めてのコーディも楽しそうなので
やってみまーす(*´∇`*)♪

No title

ごめんなさい。私が削除したんです↓
よく考えたら、誰と対決するんだ…と思って。

プロフィール

latte

Author:latte


latteイメージバナー

↑※バナークリックで
メール送信画面に飛びます♪

■名前■latte

■年齢■S51年生まれ

■所属バレー■現在9人制のみ

■その他■
自他共に認めるバレーバカ。
仕事着より、普段着より、断然ジャージが似合いつつある今日この頃。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。