スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなもんだ。

先日、学校の部活の大会(6年生最後の大会)が行われました。

トーナメント制で負けたら即終了。

うちの小学校は2トップで、両方が5年生。
(片方が息子)

大会前に学校から持って帰ってきたプリントには
大会に向けて色々な部のキャプテンの決意が書かれていて
サッカー部のキャプテンのところには
「絶対に一勝したい!」
というような事が書かれていて、最後の大会にかける想いの強さを感じて
そんなの読んじゃったらさぁ、「うはー、勝たせてあげたいなぁ・・・」
と、思っちゃうよね。

息子にも「6年生の為にゴール決めなきゃね・・・」と
知らず知らずにプレッシャーをかけていたようで。

大会当日、届いた新しいビデオカメラを手に車に乗り込み
会場となる小学校の駐車場に車を止めて、
体育館の裏の校庭に向かって歩いていると
同じく、ユニフォームに着替えて、校庭に向かう息子達に遭遇。


・・・・みんなめっちゃ緊張しとる!!!!!!!


なんていうか、右手右足一緒に出ちゃうみたいな、
そんなぎこちない子供達を見て私の方が一気に青ざめちゃったよ。

だ・・だ・・大丈夫か、おいっ!

応援席に行ったら、いつもにこやかなお母さん方も口々に
「うわー、緊張するわぁーー。」
「うちの子も、緊張しないようにするって言ってたけど、あれ、緊張してるわ・・」
「6年生、最後だもんね、勝たせてあげたいよねー・・・」
と、笑顔が引きつっちゃってるし。


試合開始の時間がこなきゃいいのに!と思うほど
なんか、なんともいえない時間を過ごし、
いよいよ試合開始。
前半で、うちのチームのミスで思いもよらぬ1点を献上することになってしまい、
試合は1点を追う形に。

うちの子たちはどこのチームとやっても体の大きさで劣るので
倒される事なんかは良くあるんだけど
まーーーーーー、倒されるわ、蹴られるわ、引っ張られるわ・・・。

分かってるよ!!
サッカーってある程度そういうもんだって!!
でもさーーーー!!!!

って、言いたくなるほど、ある意味上手かった・・。
ファールに次ぐファールでも審判の笛はならず
ベンチの先生も「おいっ!」って思わず立ち上がっちゃうような状況。

息子もゴール前(ペナルティーエリア内)で相手DFに引っ張られ、
宙に舞い、肩から落ちたところを蹴られるも笛はならず
そのまま前半終了。


ちょっと、うちの子たち顔面砂だらけですがっ!!!!!!!

ユニフォームの裾、背中側だけ飛び出しちゃってますがっ!!!!!


と、口に出したい気持ちをどのお母さんもぐっと堪えて
「頑張れ!頑張れ!」
って言うのが精一杯。

気の強いFWの子も、砂まみれで一点をじっとみつめちゃってるし
息子は最後に蹴られた膝下が腫れてきたみたいで
涙目で足さすりながら先生の話を聞いてるし。

ベンチの子達は「あいつら汚ねーー!」って文句言いうも
先生から叱られて口をつむぐ。

私達もなんだかオロオロしちゃって、結局
「1点取ろう。取れるよ、頑張れ!」
ってアホみたいに繰り返すばかり。


涙目で後半のピッチに向かう息子捕まえて
「泣いてる場合じゃない、あんたが1点取ってこい!」
って、渇入れるので精一杯。


後半も、うずくまる子続出の中、流れは良くなって来ている感じ。

そんな中、何度目かのファールをもらってからのフリーキック。

ゴールも狙えるほどの距離!

もう、ビデオ持つ手が震えて、祈る気持ちで片目で見守ってたら、
「おぉっ!!!!」
ってボールがゴール前に運ばれてきたのよ!

でもって、そこにいたのが息子なのよ!!!!

二人に囲まれて「ヤバイっ!」って思った瞬間、
キーパーが横に飛んで・・・・・

ポスっ。

ゴールネット揺れた!!!!!!

ベンチで先生が「よっしゃーーーーーー!!!」ってこぶしあげてる!!

緊張しすぎて、ホント一瞬しか覚えてないんだけど、
息子が蹴ったボールが、キーパーの手の先をすり抜け
なんていうか、ポスっと、スルっと、コロッと、入ったの!


キャーーーーーーーーッ!!!!

ってなって、慌てて喜ぶみんなの姿をビデオに収めようとカメラを向けるも
息子の背番号と間違えて違う背番号を写し続けるくらい動揺していて
自分の事でもこんな喜んだ事ないよ!って位嬉しかった!!!


その後も、いい雰囲気の中で、相変わらずのファールくらいながら
前半よりもいいパスが通るようになり、ボールキープできる時間も長くなったんだけど
相手キーパーが蹴った良く伸びたゴールキックに合わせて走り出した相手FWに対し
「オフサイド!」「オフサイド!」
ってアピールしている内にシュートを打たれ失点・・・・・。

その後ねばったものの、息子は途中で6年生の子とメンバーチェンジをし、
再度こちら側のゴール前でキーパーがボールを抑えているのに
何人もの子がキーパーの上に乗り、それを蹴り続けてるのに
審判が笛を吹かなかった為、さすがにベンチの先生も怒って
「おい!どうなってるんだ!!!」と審判に猛抗議。

キーパーはしばらく立ち上がれなくて、もう、見てられない・・・。

そのまま試合は終了して、戻ってくる子供達はみんな真っ赤な顔して涙流してた。

悔しいよねー。悔しいよねー。悔しいよねーーー。

次の試合をするチームに場所を譲るため、
泣きながらその場で荷物をまとめ移動をする子供達の横を
先ほどのチームの子供がニヤニヤ肘突き合って通り過ぎていき、
「ムカーーーー!」ってなったけど
それを含めて「試合」。

私も息子があんな表情をするなんて知らなかった、って一面を見たし
他のお母さんも「いやー、さすがに、近づけんかったわ・・・」っていう程
子供達一人ひとりが強く何かを抱えてて、悔しかったけど、なんか、
「あ、これは・・・」
って、声をかけちゃいけないような、黙って見守るべき空気が流れてた。


帰ってきた息子と色々話した。

色んなチームがあって、
それでも勝ちたいなら、この日の経験は必ずいきると思う。
っていうか、活かさなかったら無駄な負けになるよ。
悔しいなら、無駄にしないこと。
負け試合にこそ、成長する為のヒントが隠れてるものだよ。


とはいえ、息子にとって、公式戦初ゴール。

なんか、美味しいもの食べに行こうか。って言ったら

「いい、今日は。そういう気分じゃない・・・。」

だって。

「でも、ご飯作るの面倒だから、どっか行こうよ。」

って、誘い出そうとしたら

「じゃぁ、サイゼリア・・・」


まじっすか。



そんなこんなで、息子初公式戦FWデビューの一日は終了。


ご飯中、試合中あんなことされた、こんなことされた、
誰々君は相手に引っ張られて肩出ちゃってるのに止めてもらえんかったとか言ってたけど
「でも、何番はそういうことしなかったし、上手かった。」
「泣いている時に笑って指差すやつがいたけど、何番はそういうことしなかった。」
と、そういうのもちゃんと見えてるなら、大丈夫だ。



後でビデオ見てみたら
息子のゴールシーンは、私の足元の地面しか写っていませんでした。

せっかくこの日の為に、ビデオ買ったのに・・・。


そんなもんだよねーーーーーー。

バカーーーー、私ーーーーーっ。

コメントの投稿

非公開コメント

★lucy.さんへ★

お久しぶりです!覚えてますよ!
うちはあれから、同じ事件が2回もありました・・・。
もーーーーー、ホント、うがーーーーーーっ!です。
日々書きたいことは山のようにあるのに、
全然時間がないっ!
たまに書いた記事にこうしてコメントもらえるなんて、嬉しいです(笑);;

子供のスポーツって、自分で思うようにいかないところも含め
現実を知るいい機会ですよね。
できることなら、最初の挫折はスポーツの中であって欲しい・・。
頑張れば結果のでるチャンスがある(やり直しのきく)世界で
挫折の乗り越え方を体験してくれたらいいなと心から思います。

そんな、難しいことを考えつつ、やっぱり、勝てば嬉しい、負ければ悔しいって素直な感情も
子供と共有できることってちょっと他では得がたいものですよね。
頑張って、頑張って、頑張って、それでもダメで
悔しくて泣いている子供達を見ると、lucy.さんがいうように
「最近の子供」でも「いまどきの子供」でもない
自分が経験した日の子供の頃の子供と何一つ変わりはなかったりすることに
ちょっと安心したりしちゃったりして・・・・。

lucy.さんも、これからもっともっと色んな事を
ソフトボールと子供を通じて考えたり、感じたりするんでしょうね。
自分でないものの影響を受けて、悩んだり、喜んだり、泣いたり。
なんてカラフルな人生なんだろう。ってワクワクしますね。

お互い、子供の成長をうまく見守っていけたら良いですね!

涙…

以前、我が家の息子のだらしなさの件(笑)でコメントさせていただいたlucy.と申します。
いつも本当に楽しみに拝読しております!

息子さんの気持ち、latteさんの気持ち…共感しすぎて涙が出ました。
我が家の例の息子も、この春からソフトボールを始めました。先日、六年生にとっては最後の試合となる市の大会がありました。
息子は二年生なので、まだ試合には出られないのですが、声が枯れるまで一生懸命応援していました。
そして、最後は味方の失策で負けてしまい…。レギュラーの子どもたちが涙を流す傍らで、控えの子どもたちもみんな顔をくしゃくしゃにして泣いていました。
胸が熱くなりました。いかにもイマドキ!な子どもたちが泣きじゃくる姿…本当に何とも言い表せず、ただただ胸が熱くなりました。
スポーツって素晴らしいですね!大切なものをたくさん教えてくれます。
息子さんも、負けた悔しさだけじゃなく、諦めないといけない辛さ、自分の意思ではどうにもならないことがある現実、そして何より達成感など、いろいろなものを手に入れていらっしゃることでしょう☆
とりとめがなくなってしまって申し訳ありません(T_T)

息子さん、latteさん、おつかれさまでした!
プロフィール

latte

Author:latte


latteイメージバナー

↑※バナークリックで
メール送信画面に飛びます♪

■名前■latte

■年齢■S51年生まれ

■所属バレー■現在9人制のみ

■その他■
自他共に認めるバレーバカ。
仕事着より、普段着より、断然ジャージが似合いつつある今日この頃。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。