スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きたい。

朝っぱらから。
今日、朝、息子を学童に連れて行ったら
先生に呼び止められて「ちょっといいですか?」と。

過去一年の経験上、嫌な予感は的中し、

「息子くんが、○○くんのドリルに落書きをしたみたいで、
 それが結構ひどく(多く)て、
 ○○くんのお父さんから注意してもらえないかと言われてます。」

とのこと。


見せられたドリルには付箋がたくさんついていて
そこに、息子のした落書きがある、ということらしい。

見せてもらうと、確かに、鉛筆で強く書かれた線や
ウネウネがたくさん書かれていました。

正直信じられない、というのが最初の感想。

人のノート(ドリル)に悪意を持ってこういうことをする子だとは思ってなかったし、
これだけのページに落書きをする間、その子は「やめて」と言えなかったのかな。
それとも、「やめて」と言われたのに続けたのかな。
その子のいないところでやったってこと?

その状況が全く理解できなくて、


「なんでこんなことしたの?」

と、息子を問い詰めたら

「だって、○○くんが書いてもいいよっていったんだもん。」

と言い始めた。


それを聞いて、学童の先生がその男の子(Aくん)を呼んできて
Aくんに、息子の前で

「これ、Aくんが書いていいよって言ったの?」

と聞くと、しばらく黙った後

「・・・ううん。」

「それは、言ってないってこと?」

「・・・・うん。」

先生と、Aくんとのやり取りを見ていて、
正直、絶対Aくんが嘘をついている、と、私は思いました。

あまりに挙動が不信だし、
目を合わせることもできない。

「Aくんが、言ってないっていってるよ。」

と、先生が息子に言うと
息子はムキになって

「なんで!?言ったじゃん!書いてもいいよっていったじゃん!」

と、Aくんに向かって言っていたけど、
Aくんは息子と目をあわせようともせず、
否定もせず、ただ、教室に戻ろうという素振り。

先生がAくんの後ろからAくんを抱くようにして立っていたので
それは避けられたけど、正直このAくんの態度を見ていて
息子をこれ以上叱ることに躊躇したのは事実です。

うちの子に限って・・、なの?

そんな言葉が浮かびました。

でも、それとは違う、なにか、もっと確信的に
Aくんが、息子にそう言ったんだろう、と。

息子は、私の目を見て目に一杯涙を溜めてるし、
Aくんは私と目を合わせようとしない。

「じゃぁ、なんで、Aくんが「落書きしていいよ」っていう、そういう話になったの?」

と、聞くと、更にAくんはソワソワソワソワ。

息子は、

「ボクがAくんのドリルをやってたら、やってもいいよ、って言ったんだもん。」

学童で、友達のドリルをやる行為は「だめだよ」ってことになってる。

「なんで、Aくんのドリルをやったの?それはルール違反なんじゃないの?」

「だって、Aくんが、ドリルやってもいいよ、って言ったんだもん。」

「あんたがルール破らんかったら、こんな話にはならんだわ!
 落書きしていいわけないでしょう!人のものに!
 やってもいいといわれても、しちゃいかんことはしちゃいかんだわ!」


私と息子のやり取りを聞いて、先生が

「そうだよ。お友達のドリルはやっちゃだめってことになってるんだから、
 やったらだめでしょう? Aくんにもちゃんと謝って。」

と、息子をAくんに謝らせ

「とりあえず、お母さん、お仕事に行ってください。
 後のことはこちらでみておきますので。」

とのこと。

正直、Aくんが黙っている状態で、息子を謝らせるのは辛かったけど、
理由はどうあれ「落書きをした」という事実は事実だし、
それはキチンと謝らせなくちゃいけないんだ、と自分に言い聞かせつつ、
ここまで怒られてる息子を見て、Aくんがどう思ったのか知りたかった。


会社へ向かう途中、いろいろ考えました。

まずは、ドリルを弁償すること。
その際、息子が落書きしたドリルは消しゴムで全部消させて返すこと。
向こうの親がお迎えに来る時間を聞いて謝ること。


でも、本当は、
向こうの親が、今回のことをどう思ってるのかも知りたかった。


あの、自分の息子(Aくん)の態度を見ても、
全く自分の子を疑わないものかと。


私は、息子が「今日○○くんに、こんなことされたー」と言ってきても
そこに至る経緯や、息子に非がなかったかも気になってしまう。
こどもって、やっぱり、そういうところがあるから・・。

でも・・・・

「注意してください」と言って来るということは、
完全に息子が悪意をもってしたと思ってるんだと思う。

確かに、やったことだけを見れば
そう思われても仕方がないけど。
 
会社について、駐車場から学童に電話をして
Aくんのお家に謝りの電話をいれたい。と言ったら

「今、息子くんに落書きを全部消すように言ってたんですが、
 息子くんがそれをやってわかったんですけど、落書き、
 全部息子くんが書いたわけではないみたいなんです。
 Aくんが書いたものもあって、多分、ふざけて二人で書いてたんだと思います。
 Aくんも、お母さん(私)がいた時はいえなかったみたいです。
 この話もAくんのお家にしたうえで、連絡先を教えていいかどうか確認してみます。」

と、言われました。

「息子くん、お母さんが叱ってくれたので、とても反省しているみたいです。」





なんで、うちの子だけが・・・・・・。


馬鹿親と言われても、率直に感じたのは、そのことでした。


落書きをした息子は悪い。

わかってる。

人様の物に何しやがる!って本当に思う。


でも、二人でふざけた書いたのに、
息子だけが、みんなの前で先生からも、私からも叱られて
Aくんは難を免れて・・・・・・。


うそつきは嫌いだ。


「書いていいっていった。」
って、言って、私の目をずっとみてた息子の顔が忘れられない。

悪いことはした。

でも、嘘はついてない。


グラグラしてる私は、息子のお母さんとして、
いつか合格できる日がくるんだろうか・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

v-238creamちゃんv-238
お久しぶり!コメントありがとう。
そうなんだよね。
こういう話をすると結構どこのおうちも
似たような事件を経験しているらしい。
それだけ、親が子供社会に敏感になりすぎていたり、
鈍感になりすぎていたり、温度差の問題もあるんだと思う。
息子も、今回ばかりは反省したみたいで
「していい、って言われてもいけないことはしちゃいけない。」
と分かってくれたみたいです。
ただ、私があそこで怒った事を大人の理由で言い聞かせても
(説明しても)きっと、息子には難しいだろうから、
あえて言葉にしませんでした。
なかなか、どうして、スムーズにはいかない我が家です。
でも、「嘘だけは許せない」という言葉をきっと、
ちゃんと、あの子なりに理解してくれているんだろうと思うので
私も息子を信じて(最終的には)、対応したいと思うよ。
向こうの親とは月曜日に先生を通じて話をする予定です。
誠意ある対応で、息子のフォローをしようと思うよ。
心配してくれてありがとう。コメント、ありがとね。

v-238ちゃまさんv-238
コメントありがとうございました。
子育てしていると、改めて世の中の常識や
善悪の線引きを考えさせられます。
みんながいい子なわけでも、
みんなが悪い子なわけでもないんですよね。
勧善懲悪はそうそうありえない。
先生って言うのもきっと、いろんな経験上、正しいと思ったことをされてるんでしょうね・・
親とは違う目線難だと思います。
息子は、今日おばあちゃんがきてくれたので
元気満々で大変。心配してくれてありがとうございました。

おひさしぶりー

うちの娘が低学年の時にも似たようなことが起こったよ。
あの時、親同士が少し感情的になってしまった。
うん、今ならああいう行動は取らないだろうなって思う。反省・・・。

小さいうちは事実確認をきちんとしないといけないよね。
一方の話だけを聞くのではなく、
はじめから両方の言い分を聞いて正しい判断をしてほしいと思う。

latteちゃんは息子くんの悪かった部分についてはもう注意してるし
お母さんとしては合格!!と私は思うよ^^
あとは信じてるよって気持ちを伝えるといいんじゃないかなぁ。(もうしてるかな?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うう

何だか私も泣きそうになってしまいました。

確かに息子くんもいけないところはあったかも知れないけど、自分の言っている事を信じてもらえない悔しさ・切なさって、トラウマになってしまいますもんね。

それから先生・・・こんな大事にする前に、もっと子供の話をよく聞いてくれても良いんじゃないのかな・・・と思いました。

上手く言えないけど、早く息子くんが元気になってほしいです。
プロフィール

latte

Author:latte


latteイメージバナー

↑※バナークリックで
メール送信画面に飛びます♪

■名前■latte

■年齢■S51年生まれ

■所属バレー■現在9人制のみ

■その他■
自他共に認めるバレーバカ。
仕事着より、普段着より、断然ジャージが似合いつつある今日この頃。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。