スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な事

母から、祖母が危篤とメールが入り、
いよいよか。と、心を決めた数分後「亡くなったって。」とメールが入った。

分かってた事だけど、
「亡くなったって。」って文字を見て、
その意味を文字としての認識ができても、
付けっ放しになってたテレビの音が聞こえなくなっても、
それでも、受け入れることができなかった。

息子がお風呂から上がってくる足音が聞こえて、
なんとなく、冷静な頭のまま、
ソファーに座って、息子を膝の上に座らせて

「ひいばぁが死んじゃったって。」

と、息子に告げた。

恐ろしい話だけど、息子は死んだ人は生き返ると思っていて、
死んでも病院に連れて行けば生き返ると思っていて、
どうやって命の大切さを教えようか、考えた時期がある。

「病院に連れて行けばいいじゃん。」

という息子に

「病院に行けるのは、生きている人だけなんだよ。
 ひいばぁはずっと病院で入院してたでしょ?
 でも、死んじゃったんだって。
 だから、ひいばぁは、燃やして骨にしてお墓に入れなきゃいけないの。
 もう、ひいばぁは動けないし、話せないんだよ。
 会いたくても、もう会うことができないの。」

多分、息子に説明しながら、自分を納得させようとしたんだと思う。

「もう会えない」って言葉を聞いて、
息子の目から大粒の涙がボロボロ出てきて、
肩を震わせて、息子が泣いた。

ちょうど、7月の末から8月の頭まで息子は新潟に行っていて、
ひいばぁとも会ってたし、その後、お墓参りにも行って来て
「ばぁばの、ばぁばが入ってるんだって。」
と、私に言ってたから、その中に、ひいばぁが入ると言うことが、
もう、ひいばぁに会えないってことが、悲しいんだって。

素直に悲しいと泣ける息子を見て、
泣けない自分が今でも信じられない。
息子より、ずっとずっとおばぁちゃんとの思い出を私は持っているのに。
私は、知らせを聞いたら泣くと思ってた。

息子が流す涙を、羨ましいなと見つめるだけだった。

思えば、ここ2日、息子は泣いてばかりだ。

昨日は、実家から愛知に帰って来て、
新幹線のホームまで見送りに来てくれた母や、姉や姪、友達に手を振って、
新幹線が発車した直後、息子が言ったの。

「僕、今、ポケモンのガマンの術使ってるの。」

理由はわかっていたけど、「なんで?」って聞いてみたら

「僕、泣くと思うから。」


その後、息子は泣く事なく、私と手をつないで家に帰って来て、
私はあれこれ片づけをしなくちゃいけなかったので、
一人で息子にお風呂に入ってもらったんだけど。

お風呂をあがる音が聞こえて、
息子がしゃくりあげている声が聞こえたような気がして
台所から「どうした~?」って聞いてお風呂場に近づいて歩いてたら
すっごく平気そうに

「なにが?」

って声が帰って来たんだけど、お風呂場のドアを開けたら
バスタオル巻いて、ボロボロ泣いてる息子が一人立ってた。

「悲しくなっちゃった?」

って聞いたら、頷いて、そこからはもう、涙涙涙・・・・。

母といる時はにくったらしいくらい言う事を聞かないし、
素直じゃない事ばかり言う息子のこんな姿。
この子もきっと素直に好きだと言えない子になってしまってる。

息子を抱いて、ずっと抱いて、泣き止むまでずっと抱いて、
すごく胸が痛んだ。

「なにが?」って強がった息子の声が耳から離れない。

ドアを開けなきゃ、気付いてあげられても、わかってあげられなかった。

ドアの向こうで涙流して立ってた息子を見て
私はショックを受けたの。
きっと、この子ずっとこうやって来たんじゃないかって。

ドアを開けてよかったって思った。

きっと、私と息子の間には、まだまだ開けなきゃいけないドアと、
開けちゃいけないドアがいくつもあるような気がする。

息子が開けて欲しいドアを、息子が「開けて」を言うまできっと待ってた。

でも、それを待ってちゃいけないドアもきっと、あったのかもしれない。

昨日開けたドアのおかげで、
きっと、今日息子は私の前で、膝の上で、ちゃんと泣けたのだとしたら、
私と息子の毎日に、無意味な一日や、無意味な出来事はないんだと、
まだまだ、間に合うんだと、素直に受け止めることができた。

おばあちゃんが亡くなって、私は息子に命を教えて、
悲しいと泣いた息子から私は自分の欠けてる部分を教わった気がした。

お姉ちゃんから電話があって、お姉ちゃんも泣いてて。

何で私は泣けないんだろう。

わかっているのは、私の中で、一つの時代の幕が下りたって事。
戦争を体験したおばあちゃんが、痛みも、不安も、恐怖もない世界に行ったってこと。


おばあちゃん。
命の種をありがとう。
大変な時代に、おばあちゃんが守った命は、
ちゃんと、大切に受け継いでいくからね。
おばあちゃんが教えてくれた時計の読み方。
今は、母が息子に教えてくれてる。
いつか、私もおばあちゃんのように、母のように、
おばあちゃんが守って繋いだ命を膝に乗せ、
時計の読み方を教えてあげられる日が来ることを祈ります。

おばあちゃん、今日まで生きててくれてありがとう。

明日、会えるね。

コメントの投稿

非公開コメント

v-238もぐさんv-238
母は、要所要所で泣いていましたが、何しろ高齢者の多い葬儀だったので、
その世話に大忙しである意味救われたんじゃないでしょうかね;;
お母さんがおばあちゃんに泣きながら問いかけてる姿は
娘の私から見ても痛々しくて、死に目に合わせてあげたかったと
本当に思いましたけど・・・・。
人の死が無意味じゃないと知って、それなら、きっと
人が生まれてきたことにもちゃんと意味があるんじゃないかと思い始めた今日この頃です。
息子が今ここにいるのも、おばあちゃんの生まれた意味であり、
私が生まれた意味でもあるなら、大切にしたいです。
ありがとうございました。

v-238AZUちゃんv-238
子育ては要演技力・・すごい!名言だよ(笑)!
まさに、そうだよね!私、英語とかも、英語を話してる自分って言うのが
なんだかちょっとこっぱずかしくて(恥ずかしくて)なりきれないんだよね;;
子どもは褒めて育てろっていうけど、
息子は褒めると付け上がるタイプだから苦しみます。
子どものあのテンションまで自分のテンションを上げるのって、
結構難しいのよね・・。
子どもが欲する表現って、本当にストレートなものだから、
感情表現が得意でない私やAZUちゃんには一苦労だよね;;
でも、やるしかない!頑張ろう!

・・・

ひいばぁちゃまが残してくださった大切な時間のような気がします。

命について、死について考える時間
息子クンを抱きしめて思いを供にする時間
おかあさんの膝で思い切り泣く時間
・・・

latteさんお辛いでしょうけれど、おかあさまを支えて差し上げてくださいね。

ご祖母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

難しいけど大切なこと

子育てをしていると、難しいけど大切なことが
本当にたくさんありますね。

私は、いつもひじょーに無愛想です(笑)
それゆえ、娘に「今怒ってる?」などと言われたり
するんです・・・普通なのにっ!!!

だめだなーって思うんだけど、元来テンション低くて・・。
でも子育てって要演技力ですよね。
しみじみ思うんですよ・・・私が楽しそうにしてると
娘も楽しそうなんだよなぁって。

でも、感情表現が豊かでない私・・・だめよねー。
プロフィール

latte

Author:latte


latteイメージバナー

↑※バナークリックで
メール送信画面に飛びます♪

■名前■latte

■年齢■S51年生まれ

■所属バレー■現在9人制のみ

■その他■
自他共に認めるバレーバカ。
仕事着より、普段着より、断然ジャージが似合いつつある今日この頃。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。