スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰ったら…

玄関に息子の鍵あったし…

私は女姉妹で育って、男の子がどんなものなのか知らない。

そして、後にも先にも
元旦那ほど嘘をついた人を知らない。

鍵をなくしたとか、そういうことより
私が問題だと思う部分はそういうところだから
うちの喧嘩は長引く…。

私だって子供の頃、嘘の1つや2つや3つや4つついたけど
なんか違う気がする。

うまく説明できないけど
嘘をつく前にはそれなりの覚悟をしてたし
逆に言うと、それほど大切なものだった。

投げ掛けた質問に息を吐くように自然に誤魔化そうとする息子の顔を見てると
グーで思いっきりぶん殴りたくなるほど腹が立つ。

でも、きっと、私にグーで思いっきり殴られる以上に
大切な誰かから痛い目に遭わされなきゃきっと分かってもらえない。

分かってるだけに、親として痛い目に遭うことを前提に見守るのは辛いことだ。

それでも、もう、これ以上は
それが正しいんだろうな…。

この段階で、まだ子供を信じて見守れない私は
誰よりも自分の子育てに批判的で
そのくせ自分には甘くて
忙しい事を言い訳に手を抜いた結果なんだろうなぁ…。

人は嘘をつく生き物だ。
人は誤魔化す生き物だ。

でも、そこに愛がないなら
それでも人だと言えるのだろうか。
スポンサーサイト

こんな日に限って…

今日は、中学校の制服の採寸予約日でした。

遊ぶ約束しないで早く帰ってきなさいよ。
ママも仕事早く上がって帰ってくるんだから。

そう言っておいたのに、待てど暮らせど「ただいま」メールが来ず。
とうとう、私が会社を出るまで連絡が来なかったので
息子の携帯や家に電話をかけるも、出ず。

帰りにいつも息子が遊びに行く公園の前を通るも
子供の姿はなし。
そりゃそうだ、時間にしたら5時半を過ぎてるんだし。

ここまでになってくると不安でパニック…と言うより
かえって頭が冴えて、何となく分かった。

車で家の前に行くと、案の定ランドセル背負った息子の姿。

私の車に気がついて目があったので
「何してんの?」
って聞いたら
「係りで遅くなった」
と言う。
「とりあえず乗って。」
と、車に乗るよう言ってから
「まさか、鍵をなくして家には入れなかった訳じゃないよね?」
って聞くと黙る。

結果、鍵をなくして家に入れなかったんどけど、
それを白状してからも
「学校に戻って探した」
「先生に言おうとしたら会議中だった」
と言ってたけど、問い詰めるとそれも嘘。

泣きたくなるよ。ホント…

鍵をなくしたのも3回目。
自転車の鍵もなくし、
夏には3DSの入ったカバンを自転車のかごに入れたまま遊んで盗まれて
ゲーム機とカード5枚、wiiリモコン2本を失い、
ほとほと疲れたけど
それより何より…

また嘘かよ…


うんざりだ。
もううんざりだ。

大騒ぎ。

毎年息子の誕生日には近所の、これまた11月生まれの友達集めて
合同誕生日会を行っていたのですが、
そのメンバーが今年中学生になり、テスト週間だと聞いたので
今年はだめかなー・・ってことで、
息子の友達集めて誕生日会を行いました。

決まったのが急だったので、都合のつかない友達もいて残念だったけど
来てくれた友達と死ぬほど笑って楽しんでました。

気がつけば全員サッカー部っていう、なんともな結果だったんだけど(笑)。

20121119_082254.jpg

笑いすぎてお茶吹いたり、ゲームで盛り上がったり
自分達のサッカーのビデオみて意見言い合ったり、
こんなに子供がいると楽しいねーーーーーー。

この写真に写っていませんが
女の子も一人来てくれています。←バレーママの子で同級生

5年になったら、「男」「女」があるかなーって思ってたんだけど
DSマジック(笑)!!!!!
みんなで遊んでたよ。
(写真には写ってくれませんでしたが(笑))


一人の子が、急な誘いにも関わらず
お母さんから教えてもらったといってミサンガを編んできてくれました。

普段、やんちゃな彼なので
部活の時も「あいつが掃除サボったから練習なくなるかも。」とか
「あいつが〇〇壊したから練習試合なくなるかも。」とか
色々話を聞くんだけど(笑)、応援に行くと必ず挨拶してくれるし
話しかけてくれるし、下の子の面倒もよく見てるし
私は元々嫌いじゃないんだよねー(笑)。

その子と家に行ったり来たりするのは今回が初めてなんだけど
誕生日会やるよって言う前に、息子に
「日曜日、お前の誕生日だろ?遊ばねー?」
って言われてたんだって。

息子は誕生日覚えてもらってた事が嬉しかったみたいで
私は手作りのミサンガに、ちょっと感動。

5時間ギッチリ遊んで、5時間ガッツリ笑って
ホントに良い誕生日になったと思われ。

で、流れると思っていた合同誕生日会も
なんだかんだで昨日みんなで(本日2回目の)ケーキを食べるという運びになり
夜からは友達の家で遊んだりケーキをデコって食べたり・・・・
息子は結局丸一日友達と過ごせてホント幸せそうでした。


やっぱり、大切だよね、一緒に笑い合える仲間って。


沢山の良い出会いが息子を待っていてくれますように。

そんなもんだ。

先日、学校の部活の大会(6年生最後の大会)が行われました。

トーナメント制で負けたら即終了。

うちの小学校は2トップで、両方が5年生。
(片方が息子)

大会前に学校から持って帰ってきたプリントには
大会に向けて色々な部のキャプテンの決意が書かれていて
サッカー部のキャプテンのところには
「絶対に一勝したい!」
というような事が書かれていて、最後の大会にかける想いの強さを感じて
そんなの読んじゃったらさぁ、「うはー、勝たせてあげたいなぁ・・・」
と、思っちゃうよね。

息子にも「6年生の為にゴール決めなきゃね・・・」と
知らず知らずにプレッシャーをかけていたようで。

大会当日、届いた新しいビデオカメラを手に車に乗り込み
会場となる小学校の駐車場に車を止めて、
体育館の裏の校庭に向かって歩いていると
同じく、ユニフォームに着替えて、校庭に向かう息子達に遭遇。


・・・・みんなめっちゃ緊張しとる!!!!!!!


なんていうか、右手右足一緒に出ちゃうみたいな、
そんなぎこちない子供達を見て私の方が一気に青ざめちゃったよ。

だ・・だ・・大丈夫か、おいっ!

応援席に行ったら、いつもにこやかなお母さん方も口々に
「うわー、緊張するわぁーー。」
「うちの子も、緊張しないようにするって言ってたけど、あれ、緊張してるわ・・」
「6年生、最後だもんね、勝たせてあげたいよねー・・・」
と、笑顔が引きつっちゃってるし。


試合開始の時間がこなきゃいいのに!と思うほど
なんか、なんともいえない時間を過ごし、
いよいよ試合開始。

続きを読む

やっと終わった!

恐れていた息子のソフトの大会が終わりました・・・・・。

2回戦やって、2回戦ともコールド負け(笑)。
いっそ潔い(笑)。


でもね、でもね!!!
1回戦目は1回2回とも打たれはしたものの0点で抑えられてね、
監督も「おぉ!これは!」と勘違いしちゃったって言ってた(笑)。

相手のピッチャーの子のボールがめちゃくちゃ早くて、
そういう子のボールで練習していた相手チームの子には
ヘロヘロでノロノロで山を描く息子のボールは逆に苦難だったみたい(笑)。

とはいえ、目が慣れてきた3回で
ボコボコに打たれて時間の関係もありコールドだったんだけど
そんな中でも感情を表に出すことなく、
淡々と、ホント黙々とストライクを取りにいってる姿を見て
男の子らしくなったなーって思えたよ。

恐れていた押し出しの四球もなかったし
(そもそも四球自体がほとんどなかった)
打たれた球は自分で拾ってファーストに投げてたし、
なかなか頑張っていたよ。

ま、ボコボコに打たれた3回の最後の方で、
ボールがベースまで届かなくなり、監督に向かって無言で「おれ、肘イタイ」アピールをして
交換してもらってたけど・・・・・。

2回戦目は先の試合でピッチャー交換してもらった子に先発をお願いし
これまた3回でコールド負けだったんだけど
これは、もう、仕方ない!!

うちの子たちは練習最終日に
「塁に出た子はピッチャーがボールを手から離したら走り出してよい」
というルールを知るレベルだったんだけど
相手の子達は、もー、メリーゴーランドみたいに
いっせいにみんなが走り出すもんで、うちの子たちみんなパニック(笑)。

ボールを取ったはいいが、どこに投げていいのかわからなくなり
立ち尽くしているうちに数点入るという・・・・。

唯一ソフト部のキャッチャーの子も、盗塁に気付いて
ボールを投げるものの、投げられた子がその強い球を取れず
アワアワしている内にさらに次の塁へ・・みたいな。

もう、悪夢(笑)。

キャッチャーの子のお父さんが監督やってくれたんだけど
「やめろ!もう投げるな!」って言い出すほど(笑)。

そんな中、去年、ソフト部だった上級生と練習する機会があった息子は
なんとなくわかっているようで、なかなか良い送球をすることができました。

でもさ、うちの子足短くて!!!

ファースト守ってたんだけど、他の子が投げたボールが基本、ファーストまで届かず
かといって、足をベースから離すわけにもいかないので
見たことないくらいの低い角度で体を一杯に伸ばしてボールを取ろうとするんだけど
結果、倒れて、ベースから足は離れるわ
ボールはグローブまであと数センチのところでとまるわ(笑)。

すごい寂しい絵だったわ(笑)。

結果、2回戦の相手が優勝し、うちはビリだったんだけど
なんていうか、めちゃくちゃ清々しい気持ちでした(笑)。

大会後の子供達の「お疲れ様会」で息子は
ソフトの部の最優秀選手賞に選んでもらって喜んでました。

試合結果はボッコボコだったけど、
子供達がみんな(キャッチャーの子以外(笑))やり遂げた感のある顔してたので
まぁ、よかったよかった。

つかれたよーーーーーーー。

いたずら

細々と更新・・・。

写真もなく、つまらない記事ばかりですみません。
今回も例に漏れず・・・←せめてもの絵文字


昨日、夕食を食べ終えた後に
「スイカあるけど食べる?」
って聞いたら、
「まだお腹一杯だから後で食べる」
と言うので、たまたまつけたテレビの番組を
ダラけた姿勢で眺めていた私達。

番組の名前は分からないんだけど
犯人を追い詰める警察の番組で
私の隣に座ってる息子をチラっとみたら
クッションの上にうつぶせの上体を乗せて
固唾を飲んでテレビに夢中になっている様子・・・。


にしし・・




「・・・ぅわっ!!」



って、大きな声を出したら

ビクッッッッ!!!!
と、信じられないくらい上体をそり起こして
クッション抱えて泣きそうな顔でこっちを向く息子が・・・(笑)。

ホントに、心臓が口から出ちゃうんじゃないかと思うほどのビックリしように
もーーー、おかしくておかしくて二人して笑い転げたよ。

その後、何事もなかったかのようにテレビを見る私の横で
息子が余りにソワソワしているので
「もーやんないってば!」
と、言ったものの、そのビクビクぶりがまたおかしくて。


その後息子が、そろそろスイカが食べたいと言うので
二人で台所に行き、スイカを切って、食事をするテーブルで
向かい合わせでスイカを食べたのですが。

思った以上に一人分が大きかったので

「夜こんなの食べておねしょすんなよーーー?」

って言ったら

「トイレに行きたくなったら夢でトイレに行く夢をみるから大丈夫!」

と言う。

「トイレに行ったと思ってお布団でしないでよ!?」

と言うと

「大丈夫、オレ、結構警戒心強いから!!!



・・・ブハッ!!!!

どこがじゃっ!

思わずふき出した私をみて、息子も「はっ・・」と気が付き「ブハッ!」。


そんな息子は明け方5時半くらいに布団から抜け出しトイレに行ってました(笑)。
これはこれは。結構な警戒心で(笑)。

色気づく

下でも書いたサッカー部の練習試合の応援に行ったら
顧問の先生の横にかっこいいジャージを着た若い男の人を発見。

見たことが無い人だったので相手チームの先生かと思ってたんだけど、
うちの小学校の子たちにラインズマンのやり方を教えてたりしたので
どうやらうちの学校の先生らしい。

でもサッカー部の練習試合って、結構関係ない先生も応援に来てくれるので
「あぁ、新しい先生入ったのか・・・」
と、それくらいに思って応援を続けてたんだけど・・。


お昼に家に帰ってきた息子が、急に午後も部活になったというので
慌ててお昼ごはんを食べさせている時に、ふと

「そういえば、今日、新しい先生いたね。
 新任の先生?サッカー部の先生になったの?」

って聞いたら、息子がニヤっとして





「・・・なに・・?惚れたぁ?」←ほんと、こんな顔で!




・・・・


あまりにも耳慣れない言葉だったので
3回も繰り返し聞き返しちゃったほど。

「かっこいいジャージを着た」若い男の人、とは認識したけど
「ジャージを着たかっこいい」若い男の人、とは認識しとらんわ。


いつの間にかそんな事を言うようになったのね・・・。


紙コップ片手に尿検査「手伝って」って言ったり、
「嫌なやつだからバナナは食べない」とか言ってたかと思えば・・・。

ナマイキーーー。

忘却の彼方

あ!

そういえば、母の日だったじゃん!



あんにゃろー。





※詳細後程。

覚悟

土曜日、息子のサッカー部の練習試合がありました。

ここのところケンカ続きだった為
全然話しができてなかったんだけど
今回の練習試合はユニフォームがもらえなかった・・と言う。

でも、B戦という補欠の子だけでチームを組んで
15分程試合をやるというので応援に行って来たんだけど
前に見た時よりも上手になってて、なかなかいい動き。

2つの小学校を招いての合同練習試合で
1試合目はB戦にのみ出場した息子ですが
2試合目は途中からA戦(レギュラーチーム)に出してもらえました。
(レギュラーは6年生がほとんどで5年でレギュラーの子は3人。
 しかも、そのうち2人がフォワード。かっこいいっ!
 2試合目は6年生のディフェンスの子と交代で入れてもらえました。
 ちょっと、すごいじゃん!)

部活ではディフェンスORミッドフィルダーのポジション、
クラブチームでは正キーパーな息子。

本人は口には出さないものの、本当はフォワードがやりたいようで。
思うようにいかないのが世の常。
頑張れよー!

って思ってたらさ。

日曜日は子ども会のソフトの練習があって
私も体育委員の関係でお父さん方の集まる場所へ行って
一気に用件を片付けたかったので、遅れて練習に参加。(もちろん、見学)

その際、他のママさんから

「latteちゃん、任せたよ!ピッチャー!」

って言われて、何の事か分からず

「え?何?誰が?は??ピッチャー?」

と、戸惑っていたら

「息子君、ピッチャーやる事になったらしいよ!」

と・・・。


え?

あの人、バリバリのサッカー部ですが??


人数の少ない子ども会のソフトなので
誰もやる人がいなくて押し付けられたのかと思って
帰ってきた息子に決まった経緯を聞いてみたら

「「やりたい人ー!」って聞かれたから手を上げたらなった。」


・・・・は?

あんた、バリバリのサッカー部でしょうがーーーっ!!!


ひえーーーーー。

とんでもねーーーーーーー。


いくらサッカーで「守り」だからって、
ここぞとばかりにそんな土俵違いのところで「攻め」にいってどうする!!!???


「ちょっとー!大丈夫なのっ!?できんの!?
 キャッチャーは!?」

って聞いたら、キャッチャーは今年ソフトを始めたばかりの2年生だという。

ぅおいっ!!!


もー、気を失いそうだったよ。



「おま・・(言葉を失う)マジか・・・。」


パニックになりつつ、言葉を捜して口を開いた瞬間


「いいっ!?マウンドに立ったら絶対に感情を表に出すなよ!
 ストライク入らなくて泣いたり(例年、泣く子が出る)
 ストライクの球をキャッチャーが取れなくても(例年、取れない子がなることも多い)
 そんなのピッチャーが悪いんだからなっ!!←強引
 スポーツやるなら絶対に人のせいにすんなよ!かっこ悪いからっ!!!
 イライラして適当に投げてデッドボールとか(例年ハラハラする事がある)
 やめてよねーーーーーっ;;」

と、出るわ出るわ出るわ出るわ、過去見てきた悪い例(笑)。


サッカーは、補欠でも見に行ってあげたいけど、
いやいや、こっちは見たくないわぁ・・・(怖)。
そういうわけにはいかないけどさぁ・・・。


せめて、けが人出さないように練習に付き合うしかなさそう・・。

また今年も黒くなるわぁ~

3月某日

3月○日【晴れ】
(息子日記風)
「ぼくは、おばあちゃんといっしょにおばあちゃんの家にあそびにきました。
そして、Aちゃん(姪っ子)といっしょにディズニーシーへ行きました。

Aちゃんがダッフィーがほしいからといって
着いてすぐにお店でならんでダッフィーのぬいぐるみを買っていました。
Yちゃん(姉)がぼくにもダッフィーのぬいぐるみを買ってくれました。」


(姉からのメール)
20120331_080709.jpg

「恐怖のジェットコースター2つ、夕方から続けてチケット取れたから
 息子ドキドキ始まった様子
 ダッフィー買ってあげて気を紛らわせてあげてる(笑)。」


私がここで姉に「ごめんねー。ありがとう。後でお金払うわー!」ってメールしたところ・・

(姉からのメール) 
20120331_080730.jpg

「Aのは発売からずっと欲しいって言われてたから入学祝に買ったよ。
 息子もせっかくシーに来て無いの可哀想だからミニチュア買ってあげたの
 服着たやつより普通のがいいって言うから安いのだ
 バッチとチェーン着いているタイプだからなくさない


と、買ってすぐに無くす事の多い息子に気遣ってもらい、改めて御礼のメールと
楽しそうで嬉しいと伝えたところ、その後もいろいろな写メを送ってもらえました。

(姉からのメール)
20120331_083853.jpg

「チップと
 ダッフィーで遊びっぱなしのキモイMAN(笑)。」


そして、夕方。

息子の苦手なジェットコースターの順番近くになった頃には
写メなしで息子の恐怖が臨場感たっぷりに綴られた短いメールを何度か受け・・。

私は夜用事があったので、しばらくメールを見られなかったんだけど、
その間に受けたディズニーランドからの最後のメール。

「一番怖がっていたジェットコースター目前に
 バカ男(息子)ダッフィー無くしやがった
 だからピンで留めてろって何度も言ったのに
 「穴が開くからって言ったじゃん!」って言い返してきたが
 それは糸に引っ掛ける感じで留めてたから穴が開くって言ったんだろ
 って、シーで怒っちゃったよ。人がたくさん居るのに
 最後の最後で腹立つ事しやがった



愕然。

メールをもらってから結構時間が経っちゃってたんだけど
慌ててメールの返事を送ったら

「ババ(母)があげたお小遣いで帰りまた買って帰ってきたよ
 無くした後に360度回転ジェットコースターだから、そっちに頭がいって
 ダッフィー無くした事件さえ忘れてたよ(笑)。
 すぐ無くす癖直さない限り、もうコイツには買わん
 さっき帰って来た
 ビデオは母にダビングしてもらうー。」



・・・お前はバカだ!バカバカバカバカバカー!

プロフィール

latte

Author:latte


latteイメージバナー

↑※バナークリックで
メール送信画面に飛びます♪

■名前■latte

■年齢■S51年生まれ

■所属バレー■現在9人制のみ

■その他■
自他共に認めるバレーバカ。
仕事着より、普段着より、断然ジャージが似合いつつある今日この頃。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。